This page:千葉県旭市紹介ガイド TOP > 旭市の名所・史跡 > 旭市の神社・寺院 > 東漸寺 

東漸寺 

東漸寺(とうぜんじ)

 

東漸寺は朝日将軍として知られる木曽義仲から19代目と云われる戦国武将木曽義昌公の供養塔ある寺として知られてます。
もともとは天正18年(1590年)に下総網戸城に入城した後、城内の一部に木曽家累代の菩堤所として建立された寺です。

南側の県道71号線沿いや入口の脇には大きく「木曽義昌公廟所」と書いた標柱があります。
千葉県旭市の寺院東漸寺

東漸寺の境内が網戸城の跡であるといわれていますが
平地に築いた平城のため山城と違いその痕跡もとても少ないです。
当時の網戸は、「椿の海」の畔で低湿地であり、石高も僅か一万石にすぎなかったといわれます。
一万石の城主ですと実際には城というほどの規模ではなく陣屋(お屋敷)くらいの規模なのではないかと推測されています。

境内の西側と北側には、堀の跡とらしく少し凹んだ地形ががずっと続いています。

東漸寺の入口です 木曽義昌公廟所と大きく書いてある。
千葉県旭市の寺院東漸寺

東漸寺にある供養塔です。
千葉県旭市の寺院東漸寺
悲運の戦国武将木曾義昌、夫人真理姫 並びに木曾家代々の墓と3つ並んでいます。
桜の好きな木曽義昌公のために桜が植えられてます。桜の名所でもあり
木曽義昌公の墓の前や周りには桜並木の参道ができています。

東漸寺では義昌死去の3月17日に毎年供養を行っています。


木曾義昌公400年遠忌記念碑
千葉県旭市の寺院東漸寺
現在の東漸寺は改修中です。
千葉県旭市の寺院東漸寺
(改修が終わり次第キレイになった東漸寺の画像アップしますね)


  • 所在地: 旭市イの2337 東漸寺

  • 連絡先: 東漸寺 0479-62-2564
  • cms agent template0035/0036 ver1.001