This page:千葉県旭市紹介ガイド TOP > 旭市の名所・史跡 > 旭市の景勝の名所 > 飯岡刑部岬展望館~光と風~

飯岡刑部岬展望館~光と風~

旭市の1番の眺望 飯岡刑部岬展望館~光と風~


千葉県立九十九里自然公園の北部に位置する旭市飯岡上永井公園地内の屏風ヶ浦(びょうぶがうら)の西端に位置する高さ約60メートルの断崖絶壁の場所に「飯岡刑部岬(ぎょうぶみさき)展望館 ~光と風~」はあります。
千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風


太平洋と九十九里浜が一望できる雄大な眺望は、朝夕の太陽の陽光の差し方でその表情は様々に変わり1日中見ていても飽きがこないほどです。

空気の澄む冬には天気に恵まれると、房総半島越しに富士山が見えます。
筑波山越しに日光の山々の山頂の雪も確認することも

とくにおすすめは九十九里浜に沈む夕陽がとても幻想的です。

日が沈むと見える夜景も絶景ですね。
千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風
夜になると飯岡刑部岬展望館~光と風~がライトアップされます。

飯岡刑部岬の夜景は「日本の夜景百選」に選ばれているんですよ。

千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風
九十九里浜沿いに並ぶ灯りが海岸線に弓状のカーブを描き、街の灯りに映し出されます。
街灯かりの中に「LOVE」の文字を見出したカップルは結ばれる?という ジンクス(うわさ)もあるので、カップルの方はチャレンジしてみては?


それでは飯岡刑部岬展望館~光と風~をご案内しますね!

飯岡刑部岬展望館~光と風~は展望台としての機能のほか、自然環境の学習などに幅広く利用されるように配慮した施設です。

1Fには管理事務所と多目的室とトイレがあります。

展望館に登ると風が冷たいので先に済ませておいたほうが良いかもしれませんよ
展望館の外にもトイレがあります。
千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風
混んでいたらこちらをお使いください

多目的室は自然環境学習や講習会等多目的に利用可能です。

こちらは管理事務室横にある案内板です。
千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風

エレベーターもありますので階段がキツイ方はご利用ください
千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風
ただしご利用時間がありますのでご注意を

千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風
2Fに登るとはパノラマ展示室です。周辺の自然がわかる資料や写真などが展示されています。

千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風
では3階にある光と風のデッキに行って見ましょう!

3Fは光と風のデッキは24時間利用できる半屋外展望スペースなのでとても開放感があります。
光と風のデッキから見た景色です。
千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風飯岡漁港

千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風
連綿と連なる漁港を荒れた波から守る防波堤 ここから海釣りをする人も、

千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風
光と風のデッキ望遠鏡がこのように設置されています。


千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風
覗くと沖合で操業している漁船などがよく見ることが出来ます。


それではいよいよ飯岡刑部岬展望館~光と風~ の最高部
屋上展望台へ!!
千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風
屋上展望台は360度展望できるパノラマ展望台です。

千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風このような急激な螺旋階段をのぼります。

千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風
屋上展望台へから見た見渡す限りの海!

海のその反対側には白い風車が見えます。
千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風

太平洋からの風を常にうけ環境にやさしい風力発電装置です。

小中学生からの公募で「かぜ太郎」と名づけられ、年間750万キロワット、約2000世帯分の電力を作り出しています。


施設地内にある案内板&石碑のご紹介

千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風

施設地内には色々な案内板があります。その一部をご紹介します。

千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風
施設地の案内図です。以下書いてある解説文

県立九十九里自然公園
この公園は、ここ飯岡町刑部岬から岬町太東岬までの弓状の湾曲した約65kmの白砂青松の九十九里浜は、古くから海水浴場、地曳網、海釣り場等に利用され、またハマヒルガオなどの海浜植物群落があり日本の渚百選に指定されている海岸です。

刑部岬
この地名は、飯岡町にあったとされる佐貫城に使えていた家老鬼越刑部栄定の居宅がこの岬の崖下近くあったことから呼ばれたものと言われています。
ここからは、太平洋、九十九里浜を一望できる他、空気の澄んだ日の朝や夕方には、富士山や筑波山の眺望を楽しむことが出来ます。

屏風ヶ浦
高さ30~65mの断崖絶壁が、この建物が建っている刑部岬から隣の銚子市まで10km続いています。
その男性的な光景は、欧州にあるドーバー海峡に似ていることから、東洋のドーバーと呼ばれています。

屏風ヶ浦と刑部岬の案内板
千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風
屏風ヶ浦と刑部岬
飯岡台地が断崖となって太平洋に落ち込む屏風ヶ浦は高さ60m、現在地には飯岡灯台がたち、刑部岬と呼ばれている。
灯台周辺は公園に指定されており、水平線と九十九里浜が織りなす眺望は、昼夜問わず絶景であり人気が高い。
ここ刑部岬から銚子名洗にかけて高さ40~50mの絶壁が屏風のように10kmにわたり続いており、屏風ヶ浦は俗に(東洋のドーバー)と呼ばれています。
太平洋の荒波が直接打ち寄せるため、その浸食により形成されたもので、700年余りの間に6km近く陸地が後退したといわれています。
平安時代末期にはこの地に源義経の四天王の一人「片岡常春」が佐貫城を構えていたがその城跡は激しい海食による海岸線の後退で今は海中に没してしまい昔の姿はありません。わずかに地名でサヌキとして残っております。
文豪山本有三の小説「波」に出てくる「ビョウブのように突っ立った岩」とは主人公が飯岡の海を紹介しているところです。(屏風ヶ浦と刑部岬案内板より)


屏風ヶ浦と刑部岬案内板の屏風ヶ浦と刑部岬を海から見た絵のアップ
千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風

沖縄飯岡友好交流記念碑
千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風
飯岡町と沖縄との交流は平成九年五月篤志家上原清善氏が当町に訪れたことが始まります。

千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風
記念碑に刻まれている上原氏の人生訓

『悔いなき人生』
少年時代は親を喜ばし
中運年次代は先輩を喜ばし
高年時代は社会世間に喜ばれて
あの世には手ぶらでいく

施設の概要・沿革

飯岡刑部岬展望館~光と風~が一般公開されたのは

平成13年3月16日(金曜日)
午後3時です。

建物:鉄筋コンクリート一部鉄骨造 3階建
建築面積:436平方メートル
延床面積:808平方メートル

主な設備


・多目的室〔1階〕

自然環境学習や講習会等多目的に利用可能。

・パノラマ展示室(2階)

周辺の自然がわかる資料や写真等を展示。

・光と風のデッキ(3階)

24時間利用できる半屋外展望スペース。

・屋上展望台

360度展望できるパノラマ展望台

建設事業費:3億1千5百万円


・施設の名称
施設の名称については、県内をはじめ広く公募し、その中から、最優秀作品として、銚子市在住の木村里子さんがつけた名称が採用されました。
 この名称は、施設の内容や所在地が利用者にとってわかりやすく、また朝日から夕日までの太陽がおりなす景観や四季折々に肌に感じられる風をイメージさせるものとなっています。

所在地 旭市上永井1309-1
電話 0479-57-1181
開館時間 午前9時から午後4時30分まで。ただし1階トイレ及び3階「光と風のデッキ」は終日利用可。

入館料 無料
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日から1月3日まで)
駐車場 あり(無料)

千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風
大型専用の駐車スペースもあるので観光バスも乗り入れありですね
千葉県旭市飯岡刑部岬展望館~光と風
けっこうなスペースがとってありますね

自家用車でなく公共の交通機関をお使いの場合 
JR銚子駅または旭駅よりバス利用。「灯台入口」バス停下車、徒歩約10分です。

cms agent template0035/0036 ver1.001